ひらほく新聞11月号は??

こんにちは!ひらほくの山本です!

いつもありがとうございます!

 

あっという間に今年も残り2ヶ月・・・、

ここへ来て一気に冷え込みが増し

秋が無く、いきなり冬のような今年ですが

日差しが暖かい日を大事にして

冬への準備をしつつ、体調管理を

しっかりとして大切な暮れへと

向かっていきましょう!

 

10月は初の香川・高松(二度目の四国)など

二度の旅と、三度の都内へのイベント参加等

忙しさのなか有難く過ごさせていただきました。

 

お天気に恵まれた初めての小豆島、

海岸線の観光スポットや高台の神社仏閣、

感動の「二十四の瞳 映画村」、etc・・・。

まさに風光明媚、素晴らしい土地柄が育む

人柄までもしっかり感じることができました。

たっぷり充電させていただいて、

ひらほく新聞に取りかからせていただきました。

 

11月1日(火)発行の

ひらほく新聞2016年11月号は・・・

 

表面

 

この夏より仕事の基礎になる人格を高める講演会、

人間力大學に参加(入学)しています。

http://ningenryokudaigaku.com/

 

10月21日、10月定期講演に参加。

講師は「まゆみ先生」の愛称で全国を飛び回る、

愛と感動溢れる熱い福岡の小学校教志・

香葉村(かばむら)真由美先生でした。

 

講演のタイトルは

『子どもたちのいのちから

 教えてもらったこと

 ~愛でしか人は変われない~』

実際にこれまで出会った子どもたちとの

「いのちの授業」からの数々の教えに、

会場は感動の嵐で溢れかえり、

終始多くの人たちの涙を誘っていました。

ご紹介します。

 

裏面

 

①人間力を学ぶ月刊愛読誌『致知』より

 2016年11月の特集 『闘魂』

 

②「新聞週間」さだまさし

 

③語り継がれる「声」

 朝日新聞記事より

 

以上、11月もどうぞよろしくお願いします!!

 

============

 

 

『不平不満を言っている暇はない』

 

昨日は先月急逝した大事な仲間の四十九日法要、納骨でした。

残された小学生の二人の娘たちに、

亡き父の戒名で筆メッセージを書いていきました。

数え切れないたくさんのご先祖様と、

そして大好きなお父さんが自分の中にいる

という「いのちのお話」をして、

筆メッセージの内容、

優しさ思いやり溢れるとても子煩悩だった

偉大な父の遺してくれた教えを伝えました。

将来、壁にぶつかったとき、

少しでも何かの助けになってくれればと願います。

 

 

今月10月17日号の「みやざき中央新聞」

 (https://miya-chu.jp/

水谷 もりひと編集長の社説は、

当たり前の日常を有難く思えず、不平不満、

我がままし放題にダラダラ送っている

かもしれない多くの子どもたちに、

ぜひ読んでもらいたい感動秘話でした。

(ひらほく新聞で紹介したい内容でした)

 

そのお話がこの度、動画で紹介されました。

自らもあらためて心深くに刻みつつ、

ここに有難くシェアさせていただきます。

 

『不平不満を言っている暇はない』

 

================

 

長くなりましたが、最後に・・・

 

10月26日、厚木市文化会館で行われた

Yomiuri チャリティー2016 

孤高の若き津軽三味線奏者 浅野祥ライブ 

最幸に盛り上がりました!

たくさんの皆様のご来場、

まことにありがとうございました!

 

大ホールに響き渡る生演奏は

本当に素晴らしかったです。

 

相模読売会の公式ページにて詳細を

載せてありますのでぜひご覧下さい。

 

   ↓↓こちらをクリック↓↓

 2016.10.26浅野祥ライブ in 厚木

 

 

 

読売新聞ブランド企画部です!
クリック→http://pr-yomiuri.com/

読売新聞額絵シリーズ

2017年も引き続き

ディズニーキャラクター
アートコレクション

ご希望の方へ毎月無料でお届け!

お申し込みは
当読売センター平塚北部まで

詳しくはこちらのサイトにて↓

http://www.yc1.jp/17g/top.html