2018年1月号、ひらほく新聞は?

こんにちは!ひらほくの山本です。
いつもありがとうございます!


いよいよの年末となりました。

皆さん慌ただしくお過ごしのことと思います。

 

新聞店では、年末は毎年恒例ですが、

新年の元旦、3日、4日用の
折込チラシセットの事前準備で大忙しです。


明けて年始も箱根駅伝、応援旗配り業務があり
この10数年、年末年始を休んでいません。
いただいた有難い機会として
今回もワクワク前向きに顔晴りたいと思います。

これからの天気予想ですが
明後日大晦日の雨マークが少し心配です。
早めにあがっても、新年に日付が変わって
すぐ始まる大変な配達業務の際に
ポストが濡れていたら一苦労です。
どうか雨の影響が少ないことを祈ります。


先週から顔晴って、元旦折込の挨拶チラシと
ひらほく新聞1月号を作り上げました。

単色印刷機でつくる元旦挨拶チラシですが
表裏とも2度印刷で 赤黒2色刷に。
今年も筆文字メッセージをお届けいたします。
ぜひ、お楽しみに。

さて、元旦発行 こころにサプリ
「ひらほく新聞」2018年1月号」は・・・

表面

平成30年、2018年年頭にあたり、
坂村真民(さかむらしんみん)先生の詩
『鳥は飛ばねばならぬ』
(戌年ではありますが、鳥のお話)を
ぜひ味わっていただきたく、ご紹介いたします。
邪道筆ですが、気持ちを込めて
書かせていただきました。

 


裏面

①先月号でご紹介しました白駒妃登美著
「幸せの神様に愛される生き方」より
 (http://amzn.asia/51G16av


マイナスをプラスに転化する
  「だからこそ」は魔法の言葉


②みやざき中央新聞(https://miya-chu.jp/

2017年12月18日号より

「経験の履歴書を書こう」
  (金泰 勲(キムテーフン))


③戌年年頭所感として
 伝えたい思いを筆文字に書き、
 少し解説させていただきました。


さあ、2017年、平成29年を大感謝で終え
2018年、平成30年を有難く笑顔で迎えましょう!

今年もたいへんにお世話になりました。
新年も「ひらほく新聞」の感動共感共有ご縁を
どうぞよろしくお願いいたします!
 
ワクワク笑顔溢れる輝かしい新年になりますよう
心より祈念いたします。
新年も何卒よろしくお願いいたします。


PS;
17年連続で今年も年末年始休みなし♪
一年で一番大変な元旦配達が終わると
引き続き2日・3日は箱根駅伝!
今回も「平塚中継所」から新春生投稿します!

以下は本年、

2017年1月3日の箱根駅伝復路
「平塚中継所」にて自分が撮影した模様です!
ぜひどうぞ!!
https://youtu.be/ULFWoiw8qnY

 

読売新聞ブランド企画部です!
クリック→http://pr-yomiuri.com/

読売新聞額絵シリーズ

2018年は

西洋絵画にみる

ジャポニスム

日本に魅せられた巨匠たち

ご希望の方へ毎月無料でお届け!

お申し込みは
当読売センター平塚北部まで

詳しくはこちらのサイトにて↓

http://www.434381.jp/gakue/2018/index.html