ひらほく新聞2018年8月号は?

こんにちは!ひらほくの山本です!

いつもありがとうございます!

 

カラ梅雨に続き早くからの異常な猛暑酷暑・・・

そして、東から西へ縦断するという台風!

 

異常な自然の猛威は私たちへの警笛なのでしょうか

これ以上被害が広がらないことを祈るのみです。

 

熱中症対策はとにかく早めの水分補給です。

夏バテにならないように、暑さに負けず、

気持ち、心を熱く乗り越えていきましょう!

 

そんなあなたの「こころにサプリ」♪

1日発行、ひらほく新聞2018年8月号は・・・

 

表面

 

鹿児島県のあの特攻隊の知覧の

南にある島、『黒島』であった

終戦間際の感動悲話、書籍よりお届けします。

 

裏面も戦争話題・・・

 

「特攻の母」と呼ばれた

陸軍の指定食堂だった富屋食堂の女主人

鳥濱(とりはま)トメさんのお話

 

その「知覧」に行くと何を感じられるのか

『人生に迷ったら知覧に行け』という

永松茂久さんの書籍からご紹介

 

 

自分にとって8月は一年に一度、

スイッチを入れ直す月と捉えています。。

亡き父親に代わり、祖父の眠る靖國神社へ参拝。

新たな戦争関連書籍を読む、

DVD等で「永遠の0」を再鑑賞など、

当時の「人の思い」にふれたいと思います。

 

  感 謝 合 掌(^人^)

 

8月もどうぞよろしくお願いいたします!

 

読売新聞ブランド企画部です!
クリック→http://pr-yomiuri.com/

読売新聞額絵シリーズ

2018年は

西洋絵画にみる

ジャポニスム

日本に魅せられた巨匠たち

ご希望の方へ毎月無料でお届け!

お申し込みは
当読売センター平塚北部まで

詳しくはこちらのサイトにて↓

http://www.434381.jp/gakue/2018/index.html