ひらほく新聞2019年9月号は?

こんにちは!ひらほくの山本です!

いつもありがとうございます!

長梅雨のあと一気に来た連日の猛暑酷暑も

8月末近くになり、それなりに秋の気配に・・・。

蝉の声と秋の虫の音があいまって

季節の変わり目を感じるこの頃です。

 

さて、長月 9月1日(日)発行の

ひらほく新聞2019年9月号は・・・

 

表面

4000人のいのちに寄り添った

〝看取りの医者〟在宅ホスピス医・内藤いづみ氏。

著書『死ぬときに後悔しない生き方』の教え、

〝あなたの〟生きる意味を伝える21の実話物語より、

「大切な人が旅立つとき」の章の一遍から抜萃、

『人生最後のプレゼント』をご紹介します。

 

裏面

①心温まる書籍紹介ブログ

 『人の心に灯をともす』 より久々ご紹介

 渡辺和子著 

 『忘れかけていた大切なこと』

 

②熱血先生物語

この春、公立中学校の校長先生を定年退職された

熱血先生物語、中野敏治先生のお話です。

 

 

恒例日テレ24時間テレビ、今年のテーマは

『人と人~ともに新たな時代へ』

すべては「人と人」のつながり、関わりから。

9月号は、全体的にそこにフォーカスしました。

ぜひお楽しみに!!

読売新聞額絵シリーズ

2019年は

日本の世界遺産

日本の世界遺産(全22か所)

の中から12か所を厳選

ご希望の方へ毎月無料でお届け!

お申し込みは
当読売センター平塚北部まで

詳しくはこちらのサイトにて↓

https://www.434381.jp/gakue/2019/